« 原本性 | トップページ | カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 »

「市塵」 講談社文庫

藤沢周平の上・下巻。
江戸中期、正徳の治を行った新井白石の物語。おもに白石の回想録「折たく柴の記」(未読)をもとに書かれている。藤沢周平の筆なので、安心して読むことができる。

はるかむかし教科書で、正徳の治への評価は否定的であり八代将軍吉宗によって改められた、というように教わったような記憶がある(もしかするとテレビの時代劇の影響か?)。
しかしこの「市塵」を読む限り、白石は綱吉の生類憐れみの令などをただし、経済政策も積極的に行い、理に基づいた政治を行ったらしい。
なるほど、正徳の治を肯定的に評価する方が正しいのではないかと思う。どうやら、彼が自分の学問的信念に基づき政治を行い、一定の効果を上げたのは客観的に確かなようだから。

この本を手に取ったのは、藤沢周平の本を読みたかったのと、くわえて間部詮房と白石について知りたいと思ったから。

時代は流れて江戸末期。
安政の大獄の際、大老井伊直弼が赤鬼、老中間部詮勝(間部詮房の子孫)が青鬼と称され討幕派に恐れられていた。
このときの彦根藩(井伊直弼)の記録に、「鯖江藩(間部詮勝)の儒者が自分を旗本にして欲しいと言って来た、不埒な」というような記述を見つけたのだが、ちょっとこの部分の意味が分からなかった。
なぜこの時期にたかが儒者が旗本になりたいと?あまりに分をこえた不埒なのでは?
旗本の位置づけも実感として解らなかったので調べてみた。すると、この「市塵」の主人公白石も旗本だったことがわかった。
白石は藩士(武士)からスタートしていて、途中で旗本になるわけだが、どうやら旗本はその家禄よりも将軍にお目見えできるという点で白石に必要だったようだ(勝海舟なんかもそういう口だろうと思ったら、すでに江戸末期のこと、勝の曾祖父の代に御家人株を買って勝の父は旗本に養子に行っていたという顛末だった)。
だとするならば、幕末の鯖江の儒者も間部の殿様とタッグを組んで、正徳の治のリバイバルみたいなことをやりたかったのではないだろうか、そのためには自分も将軍直参である必要があったと。
つまり、正徳の治はきっと後世の武士にとっても肯定的に評価されえたのだろう。そうでなければ、いくら何でも儒者ともあろうものがそれをトレースしたいと公に言うことはないだろう。

今回、藤沢の小説によって、白石の主観的認識のみならず時代の空気的なものにも合点がいった。
ウィキに「正徳の治と享保の改革には断絶があると考えるのは相当ではない。前者の有用な部分は後者によって承継され、吉宗主導の改革と共に後世に残ったとみるのが至当である。」とあるのも素直に頷ける。
藤沢の筆は素晴らしい。


« 原本性 | トップページ | カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「市塵」 講談社文庫:

« 原本性 | トップページ | カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ