« 黒い本 | トップページ | 「リスボンに誘われて」 »

東京国立近代美術館「endless 山田正亮の絵画」

今年から選り好みせず展示を見ることにした。
本展では219点の山田の油彩等が展示されている。
山田は56冊の制作ノートに克明に作品のことや日常の出来事を記載しており、その一部も展示されていた。

本展は副館長の中林氏が企画したものだが、氏は生前の山田をご存知のようで、この展示はどこか人の体温が感じられる印象があった。
展示の仕方ももちろんだけれど、デザイン性の高いフライヤや会場ガイドがかなり楽しくわかりやすいのは、作家を知っているからできることだろう。
図録にISBNがついているのも珍しい(図録が一般の流通に載るということの意味はしらない)。

山田の画がほぼ時代ごとにまとまって展示されているのだが、最も初期の1948年ごろからのいわゆる静物画、それが抽象化され、四角、ボーダー、升目状、ワントーン、と変ってゆくのは、自然な流れに見える。
数的にボーダーが多い。それらは、色彩が違うだけではなくひとつひとつ描き方が違っていて、線の見せ方を試行錯誤している。ずっと見ていると、山田が左から右へと太い筆を走らせる姿が見えるような気がする。
良いと思ったのは、抽象と具象の間ともいえる、青系の、極端に抽象化された身体がひしめき合っているような画。忘れかけていた自分の個人的な経験を思い出した。
数年前の冬の日、その季節初めての本格的な寒さの日、地下鉄の通勤客は皆オーバーコートを着ていたのだが、ふと、列車が大きく揺れて、私はバランスを崩し床に仰向けに倒れてしまった。黒いオーバーコートの人々が起立しているなかに、私の横たわった身体分の空間がひらいていて、そして私のいる床はとても静かだった。シュールな、でもふしぎな幸せな感覚があった。そういう個人的な体験を思い出したのは、画がひしめき合いつつ静かな印象をもっていたからだろう。

自分のペースで画を見ることはとても楽しいことだ。

|

« 黒い本 | トップページ | 「リスボンに誘われて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11466/64773510

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立近代美術館「endless 山田正亮の絵画」:

« 黒い本 | トップページ | 「リスボンに誘われて」 »