« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

the imitation game

気づいたら、2か月以上更新をしていませんでした。自分史上最長か。
仕事に関係ある法律の改正があってそのキャッチアップに時間がとられていたこともありますが、プライベートが忙しかったのがブログを更新する気分にならなかった原因でしょう。
あと、やはり、このココログのよくわからない入力のしにくさですね。
そのプライベートについては、年初に「今年前半で今後の方針を決定する」という目標をたてて、それが5月ごろに成就=方針決定できて、以後、その方針に従って進んでいるところです。
さて標記映画。
チューリングを主人公にした映画なので見ておかなければなあと勝手な義務感で全く期待せず見たところ、意外にとても感動しました。
たぶんチューリングは深い魅力のある人ではなかったと思うのですが、彼の業績とともに内面を巧みに描いた映画でした。
ただ、実際見てから思うのは、この映画の主人公はチューリングではなくてイギリスという国家なのだということでした。人格が付与されうるだけの国家としてのイギリスを描いていて、だからこそ私も感動したのでしょう。
ではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »