« 重慶大厦 | トップページ | 「アトミック・ブロンド」 »

IMAX「ダンケルク」@Tジョイプリンス品川

IMAXで見てみたくて、2度目。先に2Dで見た記事はこちら
1度目よりは余裕を持って、しかも緊張感を持続して見ることができた。

10年以上前、新宿高島屋の東京アイマックスシアター(18m×25m/スタンダードサイズ1:1.43)で数本見てからIMAXが大好き。
3Dと2D・IMAXなら、3Dは遊園地的なエンタテイメントになってしまうから、映画そのものを味わうには2DでIMAXのほうがずっといいのでは、と思う。

去年の夏にできた品川のIMAXは、新宿にあったモノより画面は小さい(16m×22m)。
映画が始まるまでの予告編やらの段階で前面を覆うように広がる画面の大きさにもなじんで、(海外の30メートル四方のような画面とは違うだろうけれど、)国内の他の数メートル大きい画面との比較では、それほどは差はないのかもという印象。
.
画面への没入感は自然にリアル。
2Dよりも臨場感は5割増しかな。
IMAXで確認したかったのは銃声。
私は本物の銃声を耳にしたことがない。でも、丸の内で見たダンケルクでの音はなんかリアルっぽかった。
比べて品川のは、たしかによりシャープな気はしたけれど、正直なところ思ったほどの差はなかったのだった。
むしろ、IMAX画面はクリアなので、カメラワークの巧みさが強く感じられて、逆にリアリティという点では低減していたかもしれない。
もし戦場にいたら、たぶん視線はもっともっと無駄に彷徨うのではと私の脳は感じていて、合理的に不安感を描くカメラワークに違和感があったのだろう。
オーディオファンがCDではなくビニールにこだわるのと似ているかもしれないし、単に私の年齢がそう感じさせているのかもしれない。
.
ダンケルクはセリフが少ない。
必要以上に少ないといってもいい。
毛布を配っている男性はめしいだったのだと、なぜ主人公は言わなかったのか。
語られるヒーローと語られない事実。

|

« 重慶大厦 | トップページ | 「アトミック・ブロンド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11466/65919419

この記事へのトラックバック一覧です: IMAX「ダンケルク」@Tジョイプリンス品川:

« 重慶大厦 | トップページ | 「アトミック・ブロンド」 »