« 負けの吸収の仕方 | トップページ | ベルンハルト・シュリンク「階段を下りる女」 »

オットー・ネーベル展

渋谷の文化村にて。

10月7日から12月17日までの会期なのでまだ人出が少ないのか、お昼過ぎの会場は大変に静かで申し分ない環境だった。
そして展示は素晴らしかった。
.
未知のオットー・ネーベルは内側深くに響く画家だったし、同時代人として展示されていたシャガールの画も、その良さに初めて強く心を動かされた。
とはいえ何でもかんでも良いと思ったわけではなくて、いくつか掛けてあったカンディンスキーとかクレーはやっぱりたいして良いと思えなかった。もちろん良いのではあるけれど、世の中の評価ほどに良いかといえば、別になあ、というところ。
.
ネーベルは山田正亮で溜まっていたフラストレーションを昇華させてくれた。
彼の色の探求は山田よりずっと共感できるものだった。
山田は画を描こうとして色を探っていたように思える。けれどネーベルは真実を見つけようとして、かすかな痕跡さえ見逃さないようにしていた。そして、何か手掛かりを見つけるとそこを突き詰めていった。
.
なぜクレーがこれほど日本で重く扱われるのかは良くは知らない。
しかし、ネーベルがビックネイムではないのは、作品の厳しさと、たぶん彼自身が厳しく妥協しない性格で、もちろん作品のマーケティングなどしなかったからだろうと思う。
.
今回の企画ではネーベルは「スイスの画家」と記載されている。
でも彼は生まれも育ちもベルリンで、1933年、40歳のころナチスドイツになるときにスイスに移って、ベルンで80歳で亡くなった人だ。
俳優を志すも、第一次大戦で従軍して西部と東部で戦い、イギリスの捕虜となって、帰って来て戦争の恐ろしさを詩作している。たしかに画家としてはスイスにいるときに開花するわけだが、彼のマインドは完全にベルリンっ子なんだろう。
スイス生まれで、20歳前にベルリンに行ってナチスの台頭でスイスに戻ったクレーとは、全く違う。

|

« 負けの吸収の仕方 | トップページ | ベルンハルト・シュリンク「階段を下りる女」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 負けの吸収の仕方 | トップページ | ベルンハルト・シュリンク「階段を下りる女」 »