« イーストウッド「15時17分パリ行き」 | トップページ | ヘッダ・ガブラー »

アラン・アルダ 全米最高視聴率男の「最強の伝え方」 青土社, 2018

「個」の時代ということなら、本書は役立ちそう。

週刊東洋経済 2018年3月10日号の書評欄でタイトルを見て、日経とかビジネス系出版社の本かと思ったら青土社だった。
著者アルダは83歳になった俳優で、アメリカのテレビドラマM*A*S*Hに11年間出演し続けた人。
全米最高視聴率男、というのはそのM*A*S*Hが11シーズン続いた最終回での77%という視聴率が、いまもなお破られていない歴代最高ということからついたらしい。
けど、ちょっと見当違いかな(この見当違いがビジネス書っぽい所以)。

本書ではM*A*S*Hはほとんど関係なくて、PBSの「サイエンティフィック・アメリカン・フロンティア」という番組でアルダが司会をしてゆく中で、科学者たちの偉業と、それに比べるとあまりに彼らの情報伝達能力が低いことを知り、これは一肌脱がねばということで、科学的視点を入れて伝達力・コミュニケーション力の重要性とそれを獲得する方法を探ってゆくというもの。

本書中、私が一番興味をひかれたのは、「ストーリー」がいかに共感や説得の際に有効かという部分。
アルダはストーリーにおける「目的」と「障害」が共感を引き起こす力だという。
その説明として講演の時に、聴衆の一人に空のコップを持たせ舞台を上手から下手に横切らせる。コップを持たされた人は恥ずかしそうにニヤニヤしてしまう。
こんどは、下手から上手に進む。
その際、コップに水を満たして「慎重に運んでください。1滴でもこぼしたら村人全員が死んでしまうことになります。」と声を掛ける。
観客のだれもが、そんな村など存在せず誰も死んだリハしないことを知っている。しかしこの設定は、観客の注意をコップに引き付けるに十分なほど強力だ。コップの側面を1滴でも水がこぼれ落ちれば、観客の溜息が聞こえてくるだろう。」
たしかにそうだろう。
物語は私たちを引き付けて、時を超えて伝達させる力がある。
それはアルダによれば目的と障害という要素が共感を呼ぶからで、さらに言えば、障害があってもそれを克服する意欲があれば共感を呼び、共感は協力の基礎となり、障害を乗り越える契機となりうる・・・ということではないだろうか。
面白い。

また、アルダはコミュニケーティング・サイエンスという活動もしていて、そこで2012年から始まったフレームチャレンジも本書で取り上げている。
「炎」って何?という素朴な子供の疑問に応えるための企画からはじまったコンテストで、初年度優勝作品はフレームチャレンジのサイトで確認できる。
原子をレゴブロックで見せて、化学反応のタームを歌にしてしまう、こんなプレゼンをする人だったら一緒に仕事をしたいとも思わせる。

アルダが本書中で引用していたハース兄弟「アイデアのちから」は、さらに分析的に説得や共感の要因を述べている。
こちらもお薦め。

|

« イーストウッド「15時17分パリ行き」 | トップページ | ヘッダ・ガブラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11466/66529464

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・アルダ 全米最高視聴率男の「最強の伝え方」 青土社, 2018 :

« イーストウッド「15時17分パリ行き」 | トップページ | ヘッダ・ガブラー »