« マレーシア | トップページ

ネコノミクス

猫組長の本。
もちろんアンダーグラウンドは全然知らないけど、まあこれは本当なんだろうなあと思う。
ここまで想像を絶することが世界にはあるのだという、それを知っておく必要はある。

思考が杜撰で行動力だけはある人々が世界には大勢いる。
予想していたけれど、かなりグロテスクで、つらい本だった。
.
今回マレーシアに行ったのは、結婚式のためということではあるけれど、ほかに、この国をチラ見しておく必要性があったことと、あのジャングルの風景を一目見てみたかったからだった。
レスリー・チャンがもっとも美しく、マギーが切ない、カーワイの珠玉の映画「欲望の翼」のオープニングはたぶんマレー鉄道からのジャングルの風景だった。ほとんど最後のシーンもマレー鉄道の車中。
湿度が高く息ぐるしい深い緑の、あの風景を体験したかった。
マレー鉄道に乗る時間はないなあと思っていたけど、いやいや空港からのエアポート急行の窓からは映画そのものの風景を見ることができたし、クアラルンプール市内でもところどころにジャングルが残っているのだった。
深い緑の下は思ったよりは快適で、木陰には爽やかな風が通ってゆく。ただ、蚊とかの虫が多いところはすごく多く、伝染病は怖そうだった(から、そういう場所には行かなかったよw)。
花様年華のトニーがアンコールワットで秘密を告げていたように、私もあの熱帯雨林に思いを刻んだ。
このジャングルの体験ができて、マレーシアに行った甲斐があった。
.
去年、香港に行ったのも仕事がらみの切っ掛けではあったけど、香港の街、中でもカーワイの映画の多くの舞台となった重慶マンションに行ってみたかったのだった。
30年ぐらい前の撮影だから、もう全く別の雰囲気なのかもしれないけれど、とはいえ、場所は時間を記憶している。
カーワイは、ドリルは、とても才能があることは確かなのだけど、でもあの街あの建物ががあったからあれらの映画はできたのだと、場所のエネルギーの映画だったのだと理解することができた。

|

« マレーシア | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11466/66916299

この記事へのトラックバック一覧です: ネコノミクス:

« マレーシア | トップページ