« 松原望「ベイズの誓い ベイズ統計学はAIの夢を見る」聖学院大学出版会 | トップページ | 「はじまりのうた」 »

ジョン・カーニー「はじまりのうた」

ダブリンの街角で、と、シングストリートを見ていたので、同じ監督の本作も迷わず視聴。
時系列としては、ダブリン→はじまり→シングの順だけど、これはダブリンとシングを足して2乗したような内容。
すごいいい。
キーラナイトレーの歯並びの悪さが、やっぱり素敵。
登場人物のファッションも好き。
何より、ポスト資本主義の雰囲気がいい。
ちょうどポールメイソン「ポスト・キャピタリズム」を読んでいて、本のほうは日本語訳が酷いみたいでよくわかんないのだけど、この映画はとても解りやすい。
ポスト資本主義が何なのかはおぼろげながらも見えているとしても、それが成立するにはどうすればいいのか。
DONOTPAYとこの映画を見てわかったけど、本物が認識できることが要件みたい。
自分のやるべきことが認識できて、それを形にして生み出すことができること。大量生産に飲み込まれずに、自分の目で世界を見る力。正しいことが分かっているから、他人を信じることもできる。他人を信じることができるなら、特別な家族や恋人やそういう既成の関係性に縛られることもない。
もちろんポスト資本主義を論じるには経済学の分野も重要だろうけど、最も大事なのは人のマインド。時代の雰囲気。
この映画はポスト資本主義の鍵になるのはキリスト教かもと思っているのだろう。
キーラナイトレーの演技は的確だった。お仕着せの関係性ではない、自分自身の人間関係を営んで行くことを能動的に選択する姿は美しい。
こんな100%同意できる映画を見ることができたのは僥倖だわね。
細かいとこも、すごく良かった。
主人公の音楽プロデューサーがジャガーの古いのに乗ってるのが良くて、そういう感性の彼だから、イギリスから来た女性(ナイトレー)のギターの最初の出だしで引き込まれてしまう。
そのイギリス女性と恋人、そして友達の男性3人はともにブリストル大学での友達で、ニューヨークに音楽をやりに来ているのだけど、ブリストル大学の自殺率は有名で、だから、主人公の女性の最初の歌が自殺を歌っていたのも、彼女にとっては自殺は身近だからなんだろうなと感じた。
そしてさすがだと思ったのは、音楽事務所のオフィスのシーンが何度か出てくるのだけど、うまい具合に耳障りになるように電話のコール音が鳴っている。低い音量だけど、巧みに耳障りになる音。ゴージャスでクールなオフィスを視覚では見せつつ、サウンドで辟易させる。若干サブリミナル的に、うまいわ。
そんなこんな、ミクロもマクロもいい映画だったわ。

|

« 松原望「ベイズの誓い ベイズ統計学はAIの夢を見る」聖学院大学出版会 | トップページ | 「はじまりのうた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11466/67203942

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・カーニー「はじまりのうた」:

« 松原望「ベイズの誓い ベイズ統計学はAIの夢を見る」聖学院大学出版会 | トップページ | 「はじまりのうた」 »