« 原美術館 | トップページ

ボヘミアンラプソディ 「悪態の科学」

最新の予告編を見て、期待通りにちょー緩そう、と思う。
やぱり無理なのよね、クイーンを映画にするなんて。
アイマックスで音メインで見て、リアルのマーキュリーを当てはめて想像で楽しんだほうがよさそう。

書くことないなあ。
これはいいことだと、思っておこう。
リアルが濃厚だから、ブログまで落ちてくるものがない、そういう時期もいいよね、というところで。
今読んでるのは「悪態の科学」。
イギリス人女性の本。
「あなたはなぜ口にしてしまうのか」という副題がついているけど、私の悪態は冒頭のようなものぐらいで、ほんとボキャブラリが貧困。
じつは悪態を覚えようと思っていろいろ本を探したこともある。馬鹿でしょw。
でも、日本語の悪態はクソみたいなものばかりで、というか、クソなんて(ミソクソぐらいしか)話し言葉では使わないし。それは私が品行方正だからではなく、文化としてクソって使わない。言ったとしたら、ハリウッド映画の吹替みたいになるだけ。
本書は、主に英語の悪態の単語が英語と日本語訳とでたくさん書いてある。出版されたばかりなのでほぼリアルタイムな英語の悪態単語が正確に理解できて素晴らしい。
それと、悪態の文化的心理学的背景も分かるし、軽く読める翻訳の仕方になっているので、素敵な息抜き的におすすめできます。
日本語の悪態も収集してみたいなあ。
基地外とか死ねばいいのにとか、ネット用語的になものではなくて、話し言葉のものを、とくに。
あと、ミソクソの語源はやっぱり赤みそ文化圏から発祥しているのか、そこも知りたいわ。
あと、古い本だけど「バーナード・マドフ事件」(2010年)。
ナスダック市場を作った人の要はポンチ詐欺の話だけど、管財人弁護士の報酬が10億ドルだった事件。
ルーク・ドメール「シンキング・マシン」はAIの歴史としては秀逸の読みやすさ。
書いてあることはいい意味で浅く、流れができているから時代の空気感を理解することができる。ここで気になったところを、理系の専門の本を読んで深堀するといいのだろう。
海外のコンテンツは、なんか雰囲気がつかめないことが多くて、とくにこの辺のAI関係はそう。すでに著者にとって当たり前になっていることを、文字として記録することの難しさを思う。たとえば、PCでなにができるか、別の文化の人に説明するのは難しい。
このイギリスの童顔の彼はうまく書いてくれている。
ひとつに、彼の素直な感動が存在していて、きちんと知ろうとしていて、という点が、ほかの人には意外にできていなことだろう。
映画「はじまりのうた」は本当に良かった。
毎日、思い出しては感動している。
こういう映画が世界において成立しているのであれば、私はここで生きて行けると思う。
よろしく、世界。

|

« 原美術館 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11466/67364994

この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミアンラプソディ 「悪態の科学」:

« 原美術館 | トップページ